スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シトラに異変9(再診の結果)

DSC_5414.jpg
D7000 + SIGMA APO 70-200mm F2.8 Ⅱ EX DG MACRO HSM

8月29日、予約を入れていた東京大学動物医療センターへ
再診に行って来ましたよ。


その前に、27日~28日までのシトラの様子を簡単に。



8月27日 最近調子は良いんだけど、左耳を気にしている。
我が家で言う「黒糖(耳垢)」っていうやつが手前に見えている。
ホームドクターの所で、耳洗浄をしてもらおうと思ったんだけど
大学病院での再診が控えているので、ストレスの連続は可愛そうだと
いうことで、保留となる。再診の時に見てもろう。
可愛そうなシトラ…


8月28日 大学の先生から電話があった。
先生も、その後を心配していたみたいで、事前に連絡をくれました。
状況次第では、MRIを撮ろうと思っていたらしい。
心配して連絡くれるなんてありがたい。

夜の散歩後、股横にぽっちがあるのに気が付く。
なんだか膿が出ている感じだ。
薬の影響で抵抗力が弱っているのかな~?
ちょっと心配。


8月29日 体重は13.6キロ。
東京大学動物医療センターで再診。9時の予約。
今日は5時起き(笑)6時15分に出発して8時30分に到着しました。

昨日までの状況と、気になることを先生に説明し、シトラを預けて診察開始。
今回も、待合室に響くシトラの鳴き声やら、唸り声が…
もう大変…(泣)

診察室から出て来た先生に呼ばれて、「シトラ君が固まって動かないんです!」
なんて言われて、どうしたのかと思ったら、お座りした状態で固まっちゃって拒否(汗)
ちょっと呼んでみてくれませんか?と先生… ←困ってた(笑)
で、72ちゃんが「シトラ、おいで!」と呼びかけたら、笑顔で走って来ました。

検査時間は30分位かな? 前回は1時間だったので、ちょと早く終わったよ。

その後、先生の説明があり診断の結果は、少しふらつきはあるけど、
問題無いレベルだということでした。若干の麻痺は残っているみたいだけど…
でも、検査の為にMRIをやらないといけないということでもないみたい。

このまま、ステロイドを減らしていき2週間後には飲まなくなる感じ。

ビタミン剤は飲んでいても害になるわけでもないし、リハビリの補助ともなるので
30日分。あと、ついでに診てもらった、耳の炎症と股横にあるポッチの炎症用に
抗生物質を7日分を処方してもらいました。


処方薬:3種類
・プレドニン錠 14日分
 最初の7日 … 1日1回、1/4錠
  次の7日 … 2日1回、1/4錠

・ノイロビタン錠 1日1回 30日分

・ラリキシン錠 1日2回 7日分


気になるステロイド投与による免疫低下についても確認したんだけど、
量も徐々に減らしているし、ビタミン剤がメインなので大丈夫みたい。

散歩や外遊びも、自分の意思があれば特に問題ないし、リハビリとなるので
歩かせた方がいいとのこと。
生活を縛りすぎていると、ストレスとなるので、滑らない環境なら
普段と変わらぬ生活をして良いと言ってました。

結局、絶対安静という言葉は聞かなかった気がするな…

これから様子を見て、1~2ヶ月の間に容態が悪化しなければ、ヘルニア以外の
悪いものの可能性は低いとのこと。
詳しい検査を行っていないので、はっきりとした病名は分からずじまいになるけどね。
レントゲン検査で骨の奇形が見つからなかっただけでも幸せだって言ってた。

まだ5歳だし、犬生長いんだからってね☆

ちょっとでもおかしいなって感じた場合、大学に連絡くれれば対応しますと
言ってくれました。

先生達に感謝です。


   
改めまして…
病気発症から長い1ヶ月間でしたが、だいぶ元のシトラに戻りつつあります。
シトラを心配してメールや電話を頂いたみなさん、本当に有り難うございました。

とりあえず、今回の記事にて「シトラに異変」シリーズを終わりにしたいと思います。
この先、「シトラに異変」シリーズが続かないことを願うばかり。
経過報告は、随時行って行きたいと思うので、これからも、つまらないブログですが
宜しくお願いします。

58&72&シトラ



       BUHIっとお願いします
フレンチブルドッグひろばにほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。